上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
たとえば、あなたのお店が美容室だったとします。

もちろん美容室ですから「カット」「パーマ」など
定番のメニューがありますね。

しかし、あなたの「売り」が「トリートメント技術」だったとします。
その場合、あなたのお店を「トリートメント専門店」と位置づけてください。

大切なことは、「お客様が思い出すことができるイメージ作り」です。

たとえば「トリートメントなら○○」と
一言でいえるイメージです。

「カット」「パーマ」「癖毛矯正」と
全部並列に伝えようとしても、
お客様には伝わりません。

まずは、何か突破口を作り出し、
シンプルに「売り」を伝えることが大切です。

スポンサーサイト
テーマ:マーケティング
ジャンル:ビジネス
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。