上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
貴店では、全てのお客様に一律の販促方法をとっていませんか?
新規顧客開拓と、顧客固定化では、方法が違ってきます。
お客様のレベルによって、販促方法を変えてみましょう。

レベルごとに分類すると、以下のようになります。


●見込客
来店する前段階の客層。店の存在を知らない方と、店の存在を知っている方とに分類される。店の存在を知っている、店舗前を通る方、インターネットで店舗HPを見ている方は特に重要な見込み客となる。

●浮遊客
1度もしくは数回ご来店されたが、再来店されない客層。お店が気に入らなくてご来店されない方がいる一方で、お店の存在を忘れてる方、しばらく行かなく なってしまい遠慮してしまっている方もいらっしゃいます。そんなお客様のために『きっかけ』をお店の方から提供することが有効です。

●お試し客
お店のことを試している段階の客層。とにかく再来店させることを意識した販促物を渡し、失客を最低限に抑える必要がある。来店回数が1~3回までが目安。

●常連客
お店に親近感を感じ、特別な割引がなくてもご来店いただける客層。客単価・来店頻度が高く、お知り合いの紹介も期待できる。来店回数が4回以上が目安。


『見込み客』を効率よく集客し、『お試し客』を再来店させ、『常連客』に育て上げ、『浮遊客』には来店の動機付けを行い掘り起こすことが、お店の販促活動だということがわかります。特に『お試し客』と『浮遊客』には注意が必要です。




お客様の来店回数や購入金額などを集計した結果、
ある調査では上位30%のお客様がお店の売上げの75%を
占めていることがわかったそうです。

その上位30%というのは、もちろん常連さんのことです。
その大事なお得意様を差し置いて、新規のお客さん獲得ばかりに
目が向いてませんか?

折込チラシやフリーペーパー広告は刺激的ですが、
基本的な流れは、常連さんを大事にしながら、定期的に
新規のお客様を開拓することです。

一般に、新規客を獲得するには、既存客に来店していただく
5~6倍の経費がかかると言われています。

既存のお客様を固定化しなければ、常に新規のお客様を
獲得しなければいけませんので、とても大変です。




**************************
販促・印刷・デザインのことでお困りの際は
お気軽にご連絡ください。
info@liveprint.jp
はじめまして!
埼玉川越にてデザイン・印刷業を営んでおります。

「お店の販促応援団・団長」 染川と申します!

デザイン専門学校卒業→広告制作会社勤務→現在に至ります

私の仕事は、「お店の販売促進サポート」
簡単にいうと「集客&売上アップのお手伝い」です。

みんなで知恵を出し合って、みんなで繁盛店になりましょう!



■仕事のポリシー
●「販売応援団」として売上アップに貢献したい
●Win Win お客さんが潤った結果、自分も潤う

■好きなこと

●人と話すこと
人と触れ合うことによって、エネルギーが湧いてきます!

●人の笑顔を見ること
自分が笑顔になれば、相手も笑顔で応えてくれます!

●写真を撮ること
仕事で使うようになり、はまりました。 
これからは特に料理写真を撮ってみたいです。

●お酒を飲むこと
酔って電柱にぶつかり、気絶した伝説を持ちます・・。



こんな私ですが、お店の売上げアップのために
全力で頑張ります!

お気軽にお声かけください。

テーマ:ビジネスブログ
ジャンル:ビジネス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。